診療体制のご案内

当院の診療体制につきご案内申し上げます。
 私が、阪大、京大、神大に研究の各階梯(大学院、研究生、大学院)の籍を置いておりましたので、三大学との連携を大切に培って参りました。各大学には、非常に実力のある秀逸した先生方がおられ、当病院の診療体制の主軸を担って頂いております。
 当病院は、神戸市第二次救急病院協議会指定病院として、その使命を果たし、二次救急医療を通して愛敬するこの地域に貢献することを主たる診療目的としております。疾患により、今困っている方の力になれるように、24時間体制で救急対応を行っております。内科系疾患、外科系疾患に関わらず、専門力と総合力を駆使し、些少ながらも超高齢化社会の二次救急医療に光芒を放てるように、診療内容の充実に、日夜渾身の努力をして参る所存です。

理事長・院長 吉田 寛

院長 吉田 寛 (救急科・総合内科)

  • 医学博士(大阪大学大学院医学系研究科修了)
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本臨床内科医会専門医
  • 日本東洋医学会漢方専門医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
  • 日本人間ドック学会人間ドック検診専門医
  • ICD制度協議会認定感染制御医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 厚生労働省認定労働衛生コンサルタント
  • 国土交通省指定航空身体検査医 等

毛利 年一(整形外科)

1991年
岡山大学医学部医学科卒業
1991年6月
国立大阪南病院(現国立病院機構大阪南医療センター)整形外科研修医
1993年7月
国立呉病院(現国立病院機構呉医療センター)整形外科レジデント
1995年1月
大阪大学医学部付属病院整形外科研究生
1995年7月
大阪警察病院整形外科医員
1997年4月
市立泉佐野病院整形外科医員
2001年1月
市立伊丹病院整形外科副医長
2002年4月
市立伊丹病院整形外科医長
2008年4月
市立伊丹病院整形外科科部長兼リハビリテーション室部長
2017年4月
日本生命済生会付属日生病院整形外科部長兼救急診療センター副センター長
2018年5月
日本生命済生会日本生命病院整形外科部長兼救急診療センター副センター長
2021年7月
医療法人寛仁会 吉田アーデント病院 整形外科 就任

■手術件数(執刀)[2022年7月現在]

総数:約4,100件
 人工関節手術(股関節・膝関節):約1,000件
 脊椎手術:約400件
 四肢骨折外傷手術:約2,700件
その他、指導医として多数の手術に従事
手術実績(2021年7月~2022年6月)
総数351件
 四肢骨折外傷313件  内.人工骨頭挿入術53件
 人工関節置換術(膝・股)20件
 脊椎手術18件

■所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会

■認定医

  • 日本整形外科学会認定専門医

■メッセージ

下肢人工関節、脊椎、外傷を中心に豊富な手術経験があります。
また阪大関連病院で部下の手術指導もしてきました。
早期手術を心掛けております。
手術以外でも頸椎・腰椎・肩関節・股関節・膝関節・手・足の痛みでお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

勤務医関連大学

〔大阪大学関連〕

救急科・整形外科・脳神経外科・循環器内科・内科・リハビリテーション科・麻酔科

〔京都大学関連〕

糖尿病内分泌内科・神経内科・呼吸器内科・放射線科・感染症科・皮膚科

〔神戸大学関連〕

外科・消化器内科・形成外科・脳神経外科・麻酔科・泌尿器科

MRI・CT他放射線関係機器・超音波診断装置・各種電子内視鏡・心電計・脳波計手術室・リハビリ室・給食厨房設備・病室等什器備品を含めて、患者様の安心と安定、安全を第一とした、最新機器を導入・設置しております。

医療設備

ページトップペ戻る